『治統(ちとう)メールマガジン』

第112号『政治と支持率』

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●       ◆◇◆◇治統(ちとう)メールマガジン◇◆◇◆                〜第112号〜              西暦2020年9月27日 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。               無断転載を禁ず。 ※転載・引用の際は、治統事務所発行「治統(ちとう)メールマガジン」より  引用している旨を明記願います。 ※テレビ・新聞・雑誌等も『含み』ます。 ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●         ◇◆◇◆ 無駄な政治と支持率 ◆◇◆◇ ◆ 支持率とは  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 社会の発展に一切寄与しない政治、政治屋。 新総理誕生時、支持率はそこそこ高いものである。 どこの国でも、その状況は同じだ。 その高い支持率を始点とし、どこまでその支持率を下げずにいられるかが、 その政権の命運を握っている。言わば、国の舵取りをする政権と支持率は 「一心同体」である。 ならば、その支持率の意義とは、何であろうか? 現代社会が「正しい社会制度」として謳歌する「民主主義」。 その民意に則った、民意を反映した国民の意思が「支持率」。 そういう事なのであろう。 支持率の算出方法の問題や数字の捏造問題はさておき、「民意」の意義に ついて、ふと考えてみた。 言葉を着飾るつもりはない。 ――大した考えなしの、何となく「テレビや世間がそう言っている」から。 ……それが、現在の民意の正体だ。 民意がメディアへ与える影響も大きいが、どちらもどちらだろう。 結局、大局も情勢も、本当のところは何も分からず、何となくの雰囲気に 流されているに変わりはない。 「みんながそう言っているから」「だから、なんとなく良さそうと思った」 これらの言葉に深い考えなどなく、そのような民意とメディア、支持率、 政策、政治屋らがグルグルと回って、「何となく」大局をみることなく、 非建設的に動き、社会はどんどんと下降の一途を辿っている。 ◆ 支持率と「個人の利権」  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 国の舵取りをしている政治家にとって、最も重要なのは、政治屋本人の 「個人の利権」だ。 選挙に勝たなければ「ただの人」となってしまうから、選挙に勝利するのは、 絶対的な重要事項である。 そのために、国の本質的な繁栄・国民の幸福・健康は、二の次、三の次と なってしまっている。 「民主主義の象徴である選挙」は、ただの組織の利権争いに利用され、更に、 少し知名度のある者が当選するなど、本末転倒の無駄無駄だ。 そもそも、残念ながら、今現在世の中で何が起こっているのかも分かってい ない大衆に、政治に興味もない輩共に、人を見抜く力もあるはずもない。 この形骸化した「選挙」。 そう、「解散総選挙」の時期が、与党内にて声高に論議されている。 コロナ禍の真っ只中、これから第3波に入る「ギリギリのギリのギリ」と 囁かれているような状況下において、本来ならコロナ対策へ使われるべきで ある政治家の時間と労力が、ほぼ全て選挙へ費やされてしまう。 ◆ 莫大な選挙費用と、犠牲になるコロナ対策  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 選挙費用も、莫大な金額だ。 その費用は、少しでも健全なコロナ対策費用(困窮する国民の衣食住へ 充てるなど)へ回されるべきである。 選挙とは、何と無駄なシステムだ。 我の強い、政治のいろはも分かっていない輩が多く選出され、政治ごっこを しているだけだ。だから、我の強い外国系民に、国会議員議席の多くを占め られてしまうのだ。 日本の政治、舵取りは、反日的な外国人の手に握られている。 偽日本だから、沈没するだろう。 国を良くするどころか、社会の建設的な成長の足を引っ張っている。無駄遣い。 権力を吐き違えるな。 ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━● ブログ紹介:『世界天皇 〜大海嘯(だいかいしょう)と「地球統一」への道〜』 大海嘯(だいかいしょう)による現社会体制壊滅と文明崩壊を15年前から予見、 警告。コロナ大海嘯は、暴動、経済崩壊、地震、噴火などの天変地異、そして 世界戦争へと拡大。地球浄化後に訪れる地球再生と光の地球統一帝国への道に ついて綴る。 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 ◇当コラムへのお問い合わせはこちらへお寄せ下さい。 info@lsj-chitoh.com ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●             発行:治統事務所            発行者:近衛治子(岸田治子)           Copyright(C)治統事務所  ※無断転載を禁ず。転載・引用の際は、治統事務所発行「治統(ちとう)   メールマガジン」より引用している旨を明記願います。  ※テレビ・新聞・雑誌等も『含み』ます。 ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

< 前号              目次